背中の傷も心の傷も乗り越えれる勇気

6月20日日曜日に、声楽の発表会を行いました。私の元で、勉強をしてくださっている方々のうち、50歳以上の方の参加です。とはいうものの50代は1人で、あとの方は60代後半70代の高齢と言ってもいいかたばかりです。

「音楽」特に「歌」とは、人間に与えられたとても神秘的な能力だと、今回つくづく感じています。背中に手術跡があるご婦人が、背中をみせた衣装で舞台に立ち表現活動を行う。そこには、「背中の傷も心の傷も乗り終えられる勇気」を、「歌」によって得ることができた満足感すら見受けられ、感動させられました。

そんなお手伝いができた事に喜びを感じ、これからの私の役目として活動していければ、と心から思った一日でした。

また一つ、大切な事に気づくことができたのも「音楽の恩恵」です。感謝!
[PR]
by m-koine | 2010-06-25 00:26